ベトナムの鍋料理

19 5月

ベトナムの鍋料理

はじめに

ベトナムでは例えば結婚式、法事、ランチ、ディナーなど、様々な場面で鍋料理を食べる習慣があるようです。

鍋はベトナムにおける身近な料理ですが、使用されている食材などは海鮮など日本では高級な食材も多いようです。

それらを安く食すことができるのもベトナムの鍋の魅力でもあります。

そこで今回はそんないろいろなベトナムの鍋について御紹介します。

ベトナムで近頃人気の鍋や、回転鍋

ベトナムで近頃話題になっているのは、きのこをたくさん使った鍋が食べられるお店です。

このお店はポルチーニ茸やベルベットシャンクなど様々なきのこ、海鮮、肉、スッポンなどをお好みで具材として煮込んで食べます。

また、ベトナムには日本の回転ずしのような回転鍋なるものが存在します。これはレーンの上を流れてくるお好みの具材を取って鍋にするというしくみの食べ方のようです。

ベトナムの人にとって鍋は家庭料理などでも作られる身近なものでもありますが、日本のお寿司などとも同じく外食としても非常に人気なのです。

雷魚や海鮮を使った鍋

ベトナムでは雷魚という淡水魚が料理に使われます。例えばハノイ発祥のチャーカーラーヴォンという雷魚の油鍋は、ネギ、ディル(香草)ハーブ、ターメリックなどの香辛料がきいた味の鍋です。

見た目は油をふんだんに使っていてこってりしていそうですが、実際はギトギトなどしていなくて食べやすい料理です。

他にも雷魚を使用した鍋では、カーロック・コー・トがあり、これはベトナムの代表的な家庭料理の一つです。調理法はヌックマムと砂糖で下味をつけた後、油で揚げココナッツジュースで煮込むというものです。

他にもラウ・タップ・カムと呼ばれる、魚介、肉類、野菜、モツなど5種類以上の具材を入れた鍋や、ラム・ナム・ハイ・サンという、エビ、イカ、ハマグリなどの魚介に香の良いキノコを入れた鍋などがあります。

ちょっと変わった鍋、ヤギ鍋、花鍋

ベトナムの人は鶏、アヒル、ハト、カエルなどの他にもヤギの肉なども食します。ヤギ鍋はホーチミンの名物で、ヤギ肉専門店で食べることができます。

ヤギ肉というと臭いがするのでは?と思われることも多いようですが意外にも食べやすいようです。

また、ヤギ鍋以外にもラウ・ホアと呼ばれるカボチャの花や豆系植物の花を魚介と一緒に煮込んだ鍋などがあります。他にもティーエンリー(夜来香)の蕾や、里芋の茎、ハスイモの茎などが具になっていたりもします。これはホーチミンの名物鍋のようです。

ベトナム語でラウは鍋という意味でホアは花という意味です。花はビタミンCや食物繊維が豊富で身体にも良いので野菜のような感覚で食されているようです。

上記のような栄養素がたくさん含まれているためか花鍋は女性にも人気のある鍋です。

味は魚でダシを取っているにあっさりしており、辛みを適度に効かせた鍋も多いようです。

まとめ

いかがでしたか?ベトナムには見るからに美味しそうな海鮮鍋の他にもちょっと味が想像できないようなヤギ鍋や花鍋もありましたね。思っているよりも食べやすく美味であります。

ByAkemi

NAME:AKEMI BIRTH:1989/09/27 BLOOD: O INFORMATION: 大学の卒業旅行で東南アジア(タイ・マレーシア・シンガポール・ベトナム)へ行ってから、今では東南アジアの虜になってしまいました。特にベトナムは、卒業後に就職した商社で年に2回以上は出張で行くことがあり、身近に感じています。