ベトナムのデザート

1 5月

ベトナムのデザート

はじめに

ベトナムのデザートは統治時代や多文化の影響を受けて独自に発展した興味深い料理です。
そこで今回はそんなベトナムの菓子やスイーツについて御紹介します。

ベトナムらしいお菓子

ベトナムのお菓子は洋菓子をベトナム風にアレンジしたものもありますが、東南アジアの国らしいデザートなどもあります。

例えば、バインチュオイ・ハップという料理は、スライスしたバナナを層にして米粉と片栗粉で固めた、ベトナム風のケーキです。

バナナの優しい味とモチモチした食感が楽しめます。また、バイン・ケップと呼ばれるパリッと焼いたワッフルのようなお菓子もあります。

これは屋台などで女性達がよく焼いているところを見ることができます。これらはどちらもベトナムでは定番のスイーツです。

他にもバイン・シュー・セイというものは、栗に似たグリンピンと呼ばれる果物をココナッツミルクで蒸したものであり、中部の都市であるフエの名物デザートです。お皿もココナッツの葉で五角形に作られたものなどが用いられます。

さらにはバイン・イッラー・ガイという黒砂糖入りの餅の中に緑豆の餡が入ったもの、ハスの実を砂糖漬けにしてシロップをかけたハスの実ぜんざいなどもベトナムらしいデザートです。

他国の文化の影響から生み出された独自のスイーツ

プリンやアイスクリームなどは他文化からベトナムに伝わってきた物ですが、それらも独自の進化を遂げています。

例えば、バイン・フランはフランス領時代に伝わったクリーム・ブリュレをベトナム風にしたものです。牛乳の代わりにコンデンスミルクを使っていたり、コーヒーをかけたり、砕いた氷をトッピングしたりもします。

アイスクリームにも特徴的なものが多く、例えばココベロはまるごとのココナッツの器にアイスをぎっしりと詰めたデザートです。

ベトナムではアイスのことを総称してケムと呼びますが、アイスつまりケムの食べ方も器に盛るだけではなく、おこわの上にのせたり、コッペパンに挟んだりと食べ方も面白いものがあります。アイスの種類はマンゴーやココナッツなどフルーツを使用したものが多くあります。

また、珍しいアイスとしてはハノイの特産としてコムのアイスというものがあります。コムとは青いもち米のことでそれを使った色鮮やかなアイスです。甘味はかなり強めの味となっています。

さらに紫色のタロイモとバニラアイスを組み合わせたものなどもあります。

おなじみの中華デザートも少し違う

ベトナムのもマンゴープリンなどのデザートがありますが、中華系のものよりもムースのような食感になっています。
果物や寒天などをトッピングして食すこともあるようです。

自家製ヨーグルトドリンクがある所も

ベトナムではお店によっては代々伝わる自家製ヨーグルトや、そのドリンクをいただける所もあります。

例えばハノイではフランス出身の女優、カトリーヌ・ドヌーブが2日連続で食したヨーグルトが食べられるお店などがあります。

このヨーグルトはハチミツをかけたり、果物をトッピングして食べられたりもします。

まとめ

いかがでしたか?ベトナムのデザートは他の国の文化と自国の文化がミックスした歴史を感じさせるデザートが多いようです。ベトナムらしいものと、異国の香りがするものの、両方を食してみたいものです。