日本の新しいビザを取得している大半はベトナム人です。

9 12月

日本の新しいビザを取得している大半はベトナム人です。

日本の移民局によると、ベトナム人は2019年4月に導入された新しい労働者ビザ(特定技能労働者ビザとも呼ばれる)の最大数を占めています。
入国管理局によると、日本の労働力不足を緩和するために導入された新しいビザ政策は、9月末で219人の外国人が取得しており、93人がベトナム人、33人がインドネシア人、27人がフィリピン人、23人がタイ人でした。

特定技能労働者ビザにより、保有者は専門的な資格なしで日本で働くことができます。

導入前は、すべての外国人労働者は学位、特別なスキル、職歴などの特定の資格を持っている必要がありました。つまり、未熟練労働者はビザを取得できませんでした。

新しいビザにより、外国人は介護、ビル清掃管理、機械部品および工具、産業機械、電気、電子機器、情報、建設、自動車修理およびメンテナンス、航空、ホスピタリティ、農業、漁業の14部門で最大5年間働くことができます。

建設および造船業の熟練した労働者は、No.2ステータスを取得することで滞在を延長できます。これにより、家族を連れて何度でもビザを更新することができます。

日本の高齢化と少子化は深刻な労働力不足を引き起こしています。

日本では、日本のベトナム人の数が昨年26.1%増加して330,835人、全外国人の8%に達し、中国人と韓国人に次いで3番目に大きい民族グループになったと3月に報じられています。

ベトナムでの日本企業の存在感の高まりは、若いベトナム人の間で日本での技術トレーニングを受けることに興味を起こさせたと報告書で述べられています。

日本の移民局は、ベトナム人が昨年、30%増加して164,499人になった後、技術研修生の最大グループとして中国を追い抜いたと述べた。

しかし、特定技能労働者ビザ取得者の雇用はまだまだ難しいのが現状です。そのため、従来の外国人技能実習制度を利用して労働者を確保する日本の企業が多いです。

ByAkemi

NAME:AKEMI BIRTH:1989/09/27 BLOOD: O INFORMATION: 大学の卒業旅行で東南アジア(タイ・マレーシア・シンガポール・ベトナム)へ行ってから、今では東南アジアの虜になってしまいました。特にベトナムは、卒業後に就職した商社で年に2回以上は出張で行くことがあり、身近に感じています。